年収はどのくらい?在宅ライターをやってみよう!

- 在宅ライターは儲かる?募集の探し方と仕事のコツ

在宅ライターは儲かる?募集の探し方と仕事のコツ

在宅で出来る仕事を探している方も、中にはいらっしゃるかと思います。
在宅といってもさまざまな仕事がありますが、しっかり稼ぎたい方、自分の経験などを生かしたいのであれば、ライターを始めてみてはいかがでしょうか。

webライターを始めることは簡単

ライターの仕事は大変、家事との両立が難しいと言われることもあります。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
実はwebライターの仕事を始めることは非常に簡単です。
極端ですが、仕事のできる環境さえあれば、誰でも始めることができます。
明日から活動を開始することも不可能ではありません。

仕事の環境を整える

まずライターを始めるにあたって、仕事環境を整えましょう。
ただし、必須となるのはパソコンのみです。
エクセルやワード、テキストエディタなどを導入し、文書を作成しやすい環境も必要ですが、パソコンさえあれば始められるというのは嘘ではありません。
ほとんどの方が持っていると思いますので、環境は整っていると言えます。

ライター募集をチェックしよう

ただ、ライターをするにあたっては仕事が無ければいけません。
クラウドソーシングやSOHOサービスを活用し、ライター募集を確認してみましょう。
ライターの仕事の依頼を出していることは非常に多く、仕事探しは決して難しくありません。
即日稼働の仕事も中にはあり、ニーズが高いのが特徴です。

ライターは儲かる?儲からない?

在宅のライターの仕事は儲からないと聞いたことがある方、そう感じている方も少なくはないかと思います。
確かに1万円程度しか稼げない方もいますが、果たして儲からないと言い切れるのでしょうか。
実はコツをつかめば、副業として月5万、本業として10万円以上稼ぐことも難しくはないのです。
ライターは効率が求められるため、非効率的な方法では稼ぐことはできません。

単価をしっかりチェックしよう

まずライター募集されている仕事の単価をチェックしておきましょう。
ライターの仕事の多くは、○○字で××円、あるいは1字あたり○円と、単価が決められています。
依頼の内容と単価が釣り合っているか確認することはもちろん、自分の書けるジャンルか確認しましょう。
中には100字で10円など、非常に低い単価の仕事もあります。
このような仕事はなるべく避けることが重要です。

無理な納期・記事数は受けない

ライターの仕事でもっとも重要になるのが納期です。
基本的に時給制ではなく、納品した記事数と単価によって報酬が決まりますが、納品しない限り報酬を得ることができません。
もし納期を1日でも過ぎてしまったら、報酬を得ることは不可能と考えておきましょう。
また、納期に間に合わせるためには書ける範囲でライティング業務を請け負うことが重要です。
無理な記事数の仕事は絶対に受けず、生活に影響が出ることがないようにしましょう。
例えば1日5記事が限界の場合、3日で20記事・30記事など、限度を超えた仕事は受けないほうが賢明です。

スケジュール管理が重要

無理な納期設定と記事数の仕事を受けないためにも、ライターにはスケジュール管理が求められます。
もし在宅ライターとして独立したい方は、特に毎日のタスクとスケジュールは必ず管理しましょう。
納期に間に合わないことだけは絶対避けなければいけません。
会社員の頃よりも厳しいスケジュール管理が求められますが、逆に管理さえ十分であれば、効率よく記事の作成が行えます。

1ヶ月の収入をチェックしよう

ライターの仕事を開始して1ヶ月ほど経ったら、収入をチェックしてみましょう。
一定以上の収入を得ると確定申告や帳簿付けが必要になりますが、収支を把握することも重要です。
自分の目標と比較して、どれだけ収入を得られているでしょうか。
もし目標未満なら稼働時間を増やしたり、単価を見直してみましょう。
逆に上回っている場合、どうすれば更に収入を増やせるか考えてみることをおすすめします。

実績を積んで信頼を得る

ライターはクライアントとの信頼が第一です。
長期間コツコツ納品すれば、優先的に仕事を貰えることがあります。
すぐには諦めず、少しずつ実績を積んでいくことを意識すると良いでしょう。

月10万・20万以上を目指す

ライターの仕事は大変な側面もありますが、副業としてはもちろん、独立後、以前の仕事よりも収入が増えるケースもあります。
最終的には月10万・20万以上を目指し、常に仕事の効率を考えるようにしましょう。