映画ライター募集で見ておきたい注意点とは

- 映画ライター募集で見ておきたい注意点とは

映画ライター募集で見ておきたい注意点とは

webライターでもっとも重要なことが仕事探しです。
ライター募集を行っているサイトでは、映画のレビューや感想を書くような仕事もあります。
しかし、ライターを始める方が、報酬だけで仕事を選ぶのは危険です。
極まれにトラブルもあるため、注意しておきたいポイントがあります。

企業・個人どっちの依頼?

まず個人と法人(企業)どちらの募集かチェックしましょう。
法人の場合、住所や連絡先を確認することをおすすめします。


源泉徴収・手数料の有無

源泉徴収の報酬も確認しましょう。
特に法人の場合、源泉徴収するケースもあります。
確定申告に影響するため、源泉徴収するかどうかのチェックが必要です。
また、報酬の多くは銀行振込ですが、どちらが手数料を負担するのか確認しておきましょう。

納期もチェック

納期はいつまででしょうか。
特に提示がなかった場合、契約前に聞いておきましょう。
契約後にトラブルとなるケースもあり、報酬未払いのリスクも潜んでいます。
期日がはっきりしているものや、契約後○日以内、応相談など、できるだけ納期の提示がある仕事を選びましょう。

長期継続か単発か

webライターの仕事は、大きく単発・長期継続の2つに分類できます。
単発の場合は仕事ごとに契約を行いますが、長期継続の場合、定期的に仕事の依頼がきます。
スケジュールに影響しますので、どちらに該当するのか必ず確認することが重要です。

支払日はいつか

報酬の支払日もチェックしましょう。
支払日が明示されていない仕事は受けるべきではありません。
未払いのまま相手と連絡が取れなくなるおそれもあります。
法的効力を持つ契約書を交わす際も、必ず確認する必要があります。

最低限でも確認を

以上は最低限確認が必要な項目です。
仕事を受ける際、少しでも納得がいかなければ相談するか、契約自体を断りましょう。
契約後にトラブルになっては、時間や労力を無駄にするおそれがあります。
信頼できるクライアントから仕事を受けるようにしましょう。