募集はあっても採用は難しい?コピーライターの必須スキルとは

- 募集はあっても採用は難しい?コピーライターの必須スキルとは

募集はあっても採用は難しい?コピーライターの必須スキルとは

webライターの仕事は多種多様です。
ライター募集のサイトを見ていると、ニュースメディアでの執筆の仕事や、個人のブログで利用する記事の作成まで、非常に多くの仕事があります。
コピーライティングに関する仕事の募集も時折見かけますが、興味をお持ちの方も中にはいるかと思います。
しかし、コピーライティングは単価が高い一方で、さまざまなスキルが求められるのです。

アイデアを言葉にするスキル

まず求められるのが、思いついたアイデアを言葉にできるスキルです。
コピーライターでは特に重要なスキルの一つであり、キャッチコピーを考えるためには多数の引き出しが必要になります。
日頃から想像力を鍛えることはもちろん、言葉で表現してみるようにすると良いでしょう。

商品・サービスの魅力を伝えるスキル

また、コピーライティングの仕事を募集しているクライアントの多くは企業です。
商品やサービスのキャッチコピーの依頼が多くなっており、いかに魅力を伝えるべきか悩んでいるため、外注していることになります。
このため、商品やサービスの魅力をどう伝えるか、どのようなコピーにすれば伝わるかを表現できるスキルが必要です。


1文ですべてを伝える文章力

コピーライティングは、一般的に短い文章で表現します。
制限された文字数の中で、いかに伝えたいことを盛り込むか、いくつも案を出しながら考えることになります。
たった1文ですべてを盛り込むことは難しいですが、見たユーザーに訴えかけるキャッチコピーや、つい利用したくなるコピーを考えるスキルが必要です。

挑戦しがいもある

このように、コピーライティングの仕事は募集が多いものの、非常に難しいのが実状と言えます。
しかし、その分単価も高く設定されており、未経験の方でも挑戦してみる価値はあると言えるでしょう。
文章力や表現力が求められますが、もしライター募集を見かけた場合、興味がある方は応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

    None Found