在宅ライターの募集だけ見てはNG!確定申告の重要性

- 在宅ライターの募集だけ見てはNG!確定申告の重要性

在宅ライターの募集だけ見てはNG!確定申告の重要性

ライター募集を見て応募したり、興味を持っている方も多いのではないかと思います。
ライターの仕事は気軽に始められますし、副業として始めたつもりが、徐々に収入が増えていく方も少なくはありません。
副業から本業へ移行する方もいますし、様々な可能性が広がっているのが魅力と言えます。

webライターも確定申告しないといけない

webライターとして一定の収入を得るようになると、意識しなければいけないのが確定申告です。
確定申告は所得税・住民税を申告するためのものですが、面倒な印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、収入を得られるようになったら、確定申告の対象となる可能性があります。
個人事業主だけのもの、と考えている方もいると思いますが、副業で仕事をしている方であっても確定申告が必要です。

20万円・38万円が目安になる

ただし、すべての方は対象になるわけではありません。
目安となるのが、20万円・38万円という金額です。
もし働きながら、ライターの仕事を副業で行っている場合は20万円、専業主婦の方や、現在給料を得る仕事をしていない方であれば、所得が38万円を超えた場合に確定申告が必要となります。


収入と所得の違い

しかし、収入と所得は異なる点に注意しましょう。
確定申告は、所得が20万円、または38万円を超えた際に対象となります。
収入は、経費を差し引く前の金額のことを指し、所得は経費を差し引いた後の利益を言います。
例えば収入が40万円でも、経費として5万円掛かった場合は所得が35万円となるため、場合によっては確定申告対象から外れますので注意が必要です。

本業・副業問わず確定申告が必要

確定申告は毎年2月〜3月頃に行いますが、申告漏れは脱税になる可能性があります。
副業・本業の区分に関わらず、必ず1年間の所得を計算し、申告の対象となるかチェックすることをおすすめします。
不安がある方は、税務署や税理士に相談してみましょう。